【PS5の噂】ソニーのPS5キャッチ22ジレンマ。 (画像あり)

まとめ

Sony's PS5 Catch 22 Dilemma.

新着おすすめ記事!

TEPPEN ユーザーの反応

「両社が署名した覚書の下で、両社はそれぞれのゲームおよびコンテンツストリーミングサービスをサポートするために、Microsoft Azureで将来のクラウドソリューションの共同開発を検討します。」 (https://news.microsoft.com/2019/05/16/sony-and-microsoft-to-explore-strategic-partnership/)(https://news.microsoft.com/2019/05/16/sony -and-microsoft-to-explore-strategic-partnership /)

Xbox Play Anywhereを介した将来のすべてのMicrosoftファーストパーティゲームは、すべてのWindowsデバイスで利用できる日/日付になることがわかっています。マイクロソフトはこれに対して月額料金を請求します。マイクロソフトに最適。エコシステムを完全に制御しながら、潜在的なファーストパーティとサードパーティのゲーム購入ベースを30倍に拡大します。しかし、ここにキッカーがあります... **このサービスにアクセスするためにXbox本体を購入する必要はありません。**

ソニーは競争力を維持するためにストリーミングサービスをどこでも同様に提供する** HAS **か、MicrosoftまたはStadiaに大量の脱走があります。 ** SonyがPlay Playコンソールの所有権とPlay Playサービスのアクセスを結び付けようとすると、Microsoftは大規模に脱走します。そうでない場合、ほとんどの場合、コンソールを購入する必要はなく、PS5の販売はひどく制限されます。**

これが要点22です。

問題は、このジレンマを解決するためにソニーが何をするかです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました