PS5の発売は2020年が濃厚!!発売日と価格リーク情報まとめ | PS5速報 -値段・性能・互換性・発売日・リーク情報-

PS5の発売は2020年が濃厚!!発売日と価格リーク情報まとめ

まとめ
この記事は約6分で読めます。

皆さんこんにちはタナカです。

今回は、PS5に関して一番気になっているであろう発売日と価格この2つの話をします。

公式発表されている情報も少しありますし、リーク情報なんかでも結構今話題になっているのがあるのでその話も絡めて解説していきますね。

新着おすすめ記事!

PS5の発売日はいつ?

まずは、PS5の発売日の情報なんですが公式発表では2019年内にはリリースしませんという言い方になっています。
確かに、はっきり発売日を明言はしていませんが2019年内には出さないって言い方ってこれ2020年に出せるっていう意味にもとれますよね。

2020年に出せないんだったらわざわざ2019年内には出さないって言い方しないと思うんですよ。

実際、海外の掲示板を見てもほとんどで2020年で確定じゃないかっていう話題になっています。
2020年に出すというのは早すぎるんじゃないかって感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は歴代のプレイステーションの発売日を見ても2020年っていうのは決して
不自然ではないんです。

PS5の発売日の裏付けとて歴代のプレイステーションの発売日をまとめてみました。

  • PS1が1994年の12月
  • PS2が2000年の3月
  • PS3が2006年の11月
  • PS4が2013年の11月

となっております。

PS4の発売は国内では2014年の2月なんですが海外のものを書きました。

新しいハード機が発売されるタイミングを見てみると、だいたい6年か7年おきに出てますよね。
PS3とPS4の間が7年でしたから、これが2013年のPS4の発売から2020年がちょうど7年後に発売されても全く不自然ではないんです。
これは、PS5の発売が日本で遅れるとか言ったらイヤですが普通に考えてもそんなにおかしくないということなんですよ。
さらに、新しいハード機を出すタイミングっていうのはライバル会社のハードを出すタイミングとも深く関わっています。

今までの歴史を見るとマイクロソフトも2020年代に次世代Xboxを出してくるって言われていますから、これに対抗する意味でもやはり2020年内に出さないといけないっていう気持ちがあると思います。

さらに、スタディをはじめとしたガーファの企業のクラウドゲーミングサービスなんかも2020年には本格的に始動してくることに対抗するという意味でも2020年内に出すというのはある意味必須と言ってもいいぐらいの時期にはなってくるんですよ。

そして気になるのが2020年の何月に出してくるかって気になりますよね。
これに関してはなんとリーク情報がもう出てきたんですよ。
その情報によると2020年の3月か11月という書き込まれていました。

リーク情報の信ぴょう性の話はまた後で解説したいと思いますが、とりあえずは2020
年という説がかなり濃厚になってきたのは間違いないのではないでしょうか。

PS5の価格は?いくらなの?

次はPS5の価格についてなんですが、高性能になってきそうなので価格が気になっている方多いと思うんですが、これに関して実はWIRED社がAIEに直接取材を許された方のピータールービンさんがマークサーニー氏に直接取材をしているんですよ。

しかも、この事実がTwitterで公開されています。

ピータールービンさんがPS5は一般的なゲーム機の範囲内の価格で出せますかとマークサーニー氏に単刀直入に質問したしてくれたんですよ。

これに対してのマークサーニー氏の答えが、ゲーマーにアピールできる価格になると信じてます。

って言い方をしたんです。

この言い方って確かに明言は避けてますけどかなりのヒントですよね。
だって、一般的な価格になるかという質問に対してゲーマーにはアピールできるって言ってるんですから今までのプレイステーションのハード機よりも値段はやっぱり高くなってしまうんじゃないかということが予想されるわけです。

確かに残念ですが、ある程度仕方がないところはありますよね。

PS5がソニーの最後のハード機になるかもしれないわけですからね。
そう考えたらやっぱりあの8K対応なんていらないという方がいると思いますが8Kが
当たり前の時代になった時に8Kに対応をしていなかったら時代遅れのゲーム機になってしまうわけですから、今回のPS5は値段高くてもいいからやっぱり高性能にすべきだ思いますね。

ある程度値段が高くなってしまうのはしょうがないと個人的には思っています。

それで結局気になるのは具体的にいくらぐらいなんだっていう話ですよね。

これは歴代のプレイステーションの価格よりもやっぱ一番高くなる可能性があるので一番今まで高かったのは何なのかっていうのを確認していきます。

歴代のプレイステーションは、

  • PS1は3万9800円
  • PS2も3万9800円
  • PS3で4万9980円
  • PS4が4万1979円

こんな感じです。

PS4の時代からしか知らない人は意外かもしれませんが歴代のプレイステーションの中で一番値段が高かったのは、PS3なんですよ。

なんでPS3の値段が高くなってしまったかっていうのは理由がいくつかありまして、PS2のソフトを後方互換性対応するために本体にそのままPS2で入れたような感じになってしまっただとか、あとはCellシステムっていうのをソニーが当時普及させようとしていただとか、高性能だとかいろんな理由があったんです。

とにかく値段がすごく高かったですよね。

ただこれは発売日めちゃくちゃ売れました。


ものを売るってレベルじゃねえぞっていうあの名言が生まれたのもこの時ですね。

売れば売るほどめちゃくちゃ赤字っていうね。

大体のハード機は、だいたい最初はそうなんですけども特にPS3はそれが激しかったのを覚えています。
で何が言いたいかというとこの歴代最高のPS3は約5万円ですが、PS5のローンチ価格が
5万円を超えてくる可能性が高いということになるんですよ。
そして、これに関してリーク情報もありまして具体的にいくらかっていうと

5万9800円から6万9800円

になるんじゃないかっていうことです。

高性能という事を考えたら安いかもしれないけど、やっぱり普通に考えたら値段高い方ですよね。
これでも、やっぱり1台売る事に1万円くらい赤字は出るそうです。
単純にソニーの情報戦っていうのにある意味うまく騙されている気もしますよね。
この最新のGPUとかCPUを使うと宣伝しておいて、期待値をあげておけば6万って聞いても「あれ、意外に10万円越さないの」みたいな錯覚が起きてくるのでそういうですよね。

もしこのリーク情報が正しいとすればかなり高額なものになりそうです。
そして、このリーク情報ってどっから来たのかっていうかって話ですよね。

本当に信憑性の高い情報なのか、それとも匿名の適当な書き込みをしている人の情報なのか。

コトの発端は、海外のサイトに2018年12月にPS5の発売日だとか価格そしてそれ以外の詳しいスペックなんかも載せたリーク情報を投稿した人がいたんです。

当時はそんなに話題にならなかったんですが2019年4月16日にSIEがPS5を公式発表しましたよね。

で、その公式発表されたスペックの内容と2018年12月に出されたリーク情報がほとんど一致したんです。
あまりにもう当たっているので、この人が本当のリーク情報主なんじゃないのかっていうことでいま話題になっているんですよ。

長くなっちゃうんで、この話はまた次の時間にしましょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

以上のリーク情報をまとめると、

  • PS5の発売日は2020年
  • PS5の価格は5万9800円〜6万9800円

という結果になりました。

うわあああ、たのしみいいいい。

 

では、仕事いってきます。

 

タイトルとURLをコピーしました
アクセスランキング